BMW査定 買取における注意点と査定業者の選定ポイント

BMW買取業者とのトラブルにならない為に

車の買取は便利なものですので、利用した経験のある人や、これから車買取店に売却を考えている人も多いと思います。

 

ところが最近になって、この車の買取でトラブルが急増しています。

 

これは新車生産台数が落ち込んでしまった時期があった事や、経済情勢の伸び悩みが中古車需要を急激に増やした事に原因があります。

 

これから車買取店を利用しようと考えている人は、トラブルに巻き込まれないように車買取トラブルの原因をよく理解し後々、買取店とトラブルとならないように自衛する必要があります。

 

車買取のトラブルで多くなっている事例は、解約を巡る解約金の問題があります。

 

売却側で多い事例は

 

契約後に解約を申し出る場合の解約金に、高額請求をされたというトラブルです。

 

この場合は自分にも非がありますので、仕方なく諦める人も多いようです。

 

 

買取側からの事例では、

 

売却成立後、虚偽の申告があったとして、数ヵ月後に契約の解除を求めてくるというトラブルが多いようです。

 

 

このような車買取トラブルの原因は、特に後者の買取側からが深刻な問題となります。

 

売却した人はそのお金で新しく車を購入したり、また別の用途に使うために買取を利用するので、数ヵ月後にはすべて使っている事が多いからです。

 

このような問題を避けるには、車買取トラブルの原因となる行動や虚偽に申告をしない事が大切です。

 

虚偽の申告とは???

 

事故歴や走行距離の偽装などが主な原因となっていますので、査定の際は正直に申告したほうが良いといえます。

 

特に走行距離などの場合は大がかりなメーター交換や巻き戻しなどを行いますので、かなり悪質なケースといえるでしょう。

 

また、契約後に解約を考える事のないように、売却の気持ちがしっかりと固まってから行動すればトラブルを避ける事ができます。

 

ですが、査定スタッフは買取り額を算出した後に、すぐに売却するように迫ってくる事があります。

 

その日のうちに手放さなければ、査定額が下がってしまうという旨を言ってきます。

 

更に、この車はこれ以上の額を付ける事がどこの業者もどうせ出来ないとから、と売却を迫ります。

 

これは、その査定業者が、他の業者に客が流れない為に言う脅し文句です。

 

査定スタッフの言う通り、すぐに売却をしてしまうとその後に高く買い取ってくれる業者が現れた場合にトラブルとなります。
買取り額は数日で簡単に変動するものではありません。

 

ですので数社に査定を依頼して、じっくりと比較する事を強くオススメ致します。